FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:イタリア Italy( 45 )

フィレンツェ、ヴェッキオ橋にて

Ponte Vecchio, Florence, Italy, 2006

LEICA M6 SUMMICRON f2/35mm T-MAX400
c0030685_18373182.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2017-04-10 18:37 | イタリア Italy

ローマ、ピンチョの丘にて

Pincian Hill, Rome, Italy, 2004

LEICA M6 SUMMICRON f2/35mm T-MAX400
c0030685_21491530.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2017-02-21 21:49 | イタリア Italy

ローマにて

Rome, Italy, 2004

LEICA M4 SUMMICRON f2/50mm TMY
https://www.instagram.com/p/BJM8sYKjaXr/
c0030685_1723137.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2016-08-17 17:02 | イタリア Italy

ローマにて

Rome, Italy, 2004

LEICA M4 SUMMICRON f2/50mm TMY
https://www.instagram.com/p/BHeQnQLD3pC/
c0030685_1793715.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2016-07-05 17:09 | イタリア Italy

フィレンツェにて

Florence(Firenze), Italy, 2006 

LEICA M3 SUMMICRON f2/50mm TMY
c0030685_19404699.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2015-02-13 19:41 | イタリア Italy

150周年

2011年になりました。
NHKでどうもイタリア関係の番組が多いな、と思ったら、今年はイタリア建国150周年なんだとか。
イタリアといえば長い歴史を誇る国ですが、統一されたのは、意外に新しいのです。


作品は2006年のイタリア。フィレンツェの街並みです。ライカM3とズミクロン90mm F2で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
c0030685_1840194.jpg


※ホームページのトップ作品を更新しました。こちらもイタリア。2004年のローマです。ライカM6とズミクロン35mm F2で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
[PR]
by fujiitomohiro | 2011-01-03 18:41 | イタリア Italy

ボルゲーゼ美術館展

上野の東京都美術館へ

ボルゲーゼ美術館展

を観てきました。
1月16日から4月4日まで開催されているこの展覧会、行きたいと思っていましたがなかなか時間がなく、やっと今日行けました。

ボルゲーゼ美術館は、イタリアのローマにあります。
イタリアの美術館といえば、おそらくフィレンツェのウフィツィ美術館が最も有名でしょう。
ボルゲーゼ美術館はなぜかイマイチ認知度が低いように思います。
しかし、カラヴァッジョやベルニーニなど、超一級の作品を所蔵しています。
私も2004年にローマを訪れた際、「せっかくだから」と何気なく入ったボルゲーゼ美術館でカラヴァッジョとベルニーニを観て衝撃を受け、すっかりファンになってしまいました。
ちなみにボルゲーゼ美術館は2時間ごとの予約制になります。
私が訪れた時は観光客の少ない冬だったせいか、すぐ予約できました。

この展覧会でも、カラヴァッジョの「洗礼者ヨハネ」、ベルニーニの「シピーネ・ボルゲーゼ枢機卿の胸像」をはじめ、ラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」、ボッティチェリの「聖母子、洗礼者ヨハネと天使」などが来日しています。
私がカラヴァッジョとベルニーニの作品を日本で観るのは初めてかもしれません。

約6年ぶりに鑑賞したボルゲーゼ美術館の作品。
なんとなく、懐かしい気分になりました。


作品は2004年のイタリア、ローマ。ボルゲーゼ美術館があるボルゲーゼ公園です。ライカM4とズミクロン50mmF2で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
c0030685_22555491.jpg

(C) Tomohiro Fujii
[PR]
by fujiitomohiro | 2010-03-16 22:56 | イタリア Italy

天才画家の光と影

ちょうど1週間前の21日、上野の東京都美術館で、2月13日からの公開にさきがけて上映された映画

「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」

を見てきました。
これは東京都美術館で開催中の「ボルゲーゼ美術館展」と、カラヴァッジョ没後400年に合わせたイベントです。
上映会は21日と23日に行われ、私が行った21日は、映画上映の前にテレビでお馴染みの評論家、山田五郎さんと、女優の水野真紀さんによるトークショーもありました。
美術を専門に学び、博識の山田さんはさすがのトーク。
わかりやすく、しかも楽しくカラヴァッジョが生きた時代背景を知ることができました。

カラヴァッジョをテーマにした映画は、かつてデレク・ジャーマンが監督した「カラヴァッジオ」があり、私もビデオで見たことがあります。
時代を超えた不思議な映像が印象的でした。
今回の映画は監督も役者もイタリア人。
言葉もイタリア語で、16〜17世紀のイタリアを想像させます。
内容は、抑揚のつけかたがワザとらしいと感じることもありましたが、カラヴァッジョの作品を意識したような光や色の使い方が綺麗で、基本的には伝記映画として楽しめました。

カラヴァッジョをはじめ、バロック美術が好きな方にはおすすめです。

この日は、映画のために東京都美術館に行ったため、肝心の「ボルゲーゼ美術館展」はまだ見ていません。
ボルゲーゼ美術館は、私にとってとても思い出深い美術館であり、とても楽しみにしています。


作品は2006年のイタリア、フィレンツェにて。ライカM3とズミクロン50mmF2で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
c0030685_03644.jpg

(C) Tomohiro Fujii
[PR]
by fujiitomohiro | 2010-01-28 23:59 | イタリア Italy

高級

仕事の写真を撮りに、麻布の方へ行ってきました。
連休最終日の麻布界隈は、多くの人でにぎわっています。
カメラを片手に歩いていると、突然

ガオーン!

という音。
何事かと思ったら、また

ガオーン!

の音。
前方を見ると、駐車していたイタリアのスーパーカー、ランボルギーニが吠えていました。

スゴイなぁ、と思っていたら、今度はその隣を別のランボルギーニが走っていきました。
さらに歩いていると、交差点をフェラーリが右折していったり、ジャガーやポルシェが走っていたり、超高級車だらけ。
とても世の中不況とは感じられません。
いったいどんな人たちが乗っているのだろう、と思う、一度も車を買ったことがない私でした。
どうやら何でも高級そうなこの辺りは、プライベートで来ることはなさそうなところです。


作品は2004年のイタリア、ローマ。フェラーリやランボルギーニが国産車と思うと、何だか不思議な気分になりました。ライカM4とズミクロン50mmF2で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
c0030685_23104973.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2009-09-23 23:10 | イタリア Italy

荒川静香さん

メモリーカードでお馴染みの、サンディスクの新製品発表会に行ってきました。
発表されたのは、UDMA6という高速のコンパクトフラッシュカードと、メモリースティックマイクロ。
メモリーカードは、どんどん高速化と大容量化が進んでいることを感じます。

この発表会では、ゲストにプロフィギュアスケーターの荒川静香さんが登場しました。
荒川静香さんといえば、ご存知06年のトリノオリンピック金メダリスト。
発表会の会場である新横浜スケートセンターで、実際に「トゥーランドット」の曲でスケーティングを行ってくれました。

目の前で見るゴールドメダリストの演技は、実に素晴らしいものでした。
滑りがとにかく滑らか。
エッジで氷を削る音が全くなく、ジャンプの着地もとても静か。
まるで水が流れるような印象でした。

もちろん、荒川さんの代名詞でもある"イナバウアー”も生で見れましたし、メモリーカードそっちのけでスケート鑑賞を楽しみました。


作品は2006年のイタリア、フィレンツェ。トリノオリンピックが開幕する直前でした。リコーGR DIGITALで撮影。
c0030685_2332167.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2009-09-15 23:31 | イタリア Italy
line

写真や旅、日記など。デザインオフィス株式会社AQUA取締役/フォトグラファー。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31