FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

函館へ

明日、4日から6日まで、北海道の函館まで行ってきます。
函館、さらに北海道自体、訪れるのは中学1年生以来。約24年ぶりだ。
どんな写真が撮れるのか、自分でも楽しみ。
もちろん、美味しい食べ物も楽しみ。
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-09-03 23:14

窃盗団

最近ハーレー・ダビッドソンが盗まれる被害が多発しているらしい。
ハーレー・ダビッドソンと言えば、アメリカンバイクの最高峰だ。
デザインはもちろん、独特のVツインエンジンの音も魅力だろう。
そのハーレー、人通りの多いところでも短時間で盗んでいくとか。
どうやら窃盗団の仕業のようだ。

私もかつてバイクを盗まれたことがある。
それは15年近く前のこと。
バイクはスズキRGV-Γ(ガンマ)だ。
家の前に止めておいて、翌朝乗ろうとしたらバイクカバーごと姿を消していた。

人間とは不思議なもので、初めは盗まれたことが理解できない。
「違うところに置いたのかな?」と頭の中はグルグルになる。
しばらく経って、ようやく盗まれたことに気付く。
大通りのすぐ近くでバイクカバーごと盗むのは、窃盗団に違いない。

ガンマはお気に入りのバイクだった。
新車で買って1年経たずに盗まれたのは、すごいショックだった。
しかも急いで交番へ行っても事務的に対応され、それも悲しかった思い出がある。

バイク乗りの方は、十分気を付けてください。
購入時は、盗難保険に必ず入りましょう。
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-29 22:50

晴れ男?

一昨日は仕事でモデルさんの撮影。
今日は群馬県まで取材に行ってきた。
そして台風だった昨日はたまたま何も撮影がなく、一日家で原稿を書いていた。
おかげで台風の影響は全く受けなかった。
運がいいのかな?それとも晴れ男なのかな?
(ちなみに一昨日、モデルさんに「自分で雨男とか雨女って言っちゃうと、本当にそうなりますよ〜」と言われた)
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-26 23:30

UAとNW

かつてアメリカを代表する航空会社と言えば、パン・アメリカン航空、いわゆるパンナムだ。
映画「2001年宇宙の旅」でも旅客用の宇宙船はパンナムだった。
ところがパンナムはまさかの倒産をしてしまい、世界の空から消えてしまった。
その後、アメリカのフラッグシップキャリアはユナイテッド航空(UA)になったようだ。
しかしユナイテッドも、現在は会社更生法の手続き中。
さらに航空券の価格が安いノースウエスト航空(NW)やデルタ航空(DL)も手続きの申請する可能性がある。

UAとNW。私はどちらもフリークエント・フライヤー・プログラム=FFP(マイレージ)の会員だ。
スターアライアンスの航空会社に乗った時はUAの「マイレージプラス」、スカイチームの場合はNWの「ワールドパークス」に溜めている。
ちなみにワン・ワールドではキャセイパシフィック航空の「アジアマイル」の会員だが、ワン・ワールドって溜めにくいように思う。

もしUAとNWがなくなったら、せっかく溜めたマイルがどうなるのか、ちょっと心配だ。
特にNWのワールドパークスは、近場のアジアの国に行けるくらい溜まっている。
しかもマイルに期限はないから、できればヨーロッパ往復無料航空券が手に入るまで溜めたい。
「ワールドパークスはKLMオランダ航空と共同だから、なくなることはないだろう」とは思うのだが、KLMのサイトを見ると、いつの間にかエールフランス航空と共同の「フライング・ブルー」なるFFPができていた。
この先のワールドパークスが気になる。

UAもNWも存続してほしい(どちらも格安航空券はお手頃価格だし、アジア路線もあるし)。
アメリカの航空会社に乗るのに、アメリカン航空かコンチネンタル航空だけだと、どちらもエコノミークラスではアルコールが有料なのも困るな(笑)
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-22 13:33

麺の謎

アジアは麺好きだ。
日本でもラーメン、蕎麦、うどん、そうめん、などなど様々な麺類がある。
私自身も麺類はとても好きでよく食べる。
また中国にも数多くの麺があり、韓国には冷麺、ベトナムにはフォーなど独自の麺が存在する。

麺は1000年以上前に小麦が西アジアの方から中国にやってきて(もともと小麦は中国にもあったという説もあるらしい)、黄河より北で小麦の栽培が始まり、そこから麺ができたとか。
パンのようにならなかったのは、中国では大昔から汁状のものを食べる習慣があり、小麦粉を細く伸ばした方が汁とよく絡み、喉ごしよく食べられるからではないか、ということらしい。

麺は黄河より南に下り、小麦ができない地方では代わりに米を使ったのが、ビーフンのような米の麺の始まりだそうだ。さらに東南アジアに渡り、フォーやミ・ゴーレンなど、その土地に合った麺類に進化したようだ。内モンゴル地方では雑穀を使った麺もあるとか。
そして西から来たと言われる小麦は、再び麺としてシルクロードを西に行き、西アジアでも麺が食べられている。

と、ここまではアジアで麺類が多く食べられているのがわかるのだが、大陸の西、つまりヨーロッパで麺と言えば、イタリアのパスタくらいだ。たしかイタリアの一部で蕎麦を食べるところはあるようだが、イタリア以外で麺を食べる国は知らない。
シルクロードを通って麺がイタリアに渡ったのかも、ということまでは想像できるが、なぜイタリア以外のヨーロッパでは麺は広まらなかったのだろう?
もしかしてアルプス山脈が邪魔をした?と思っても、中世はすでにヨーロッパ中で人や文化が行き交っていた。芸術で遅れていたフランスは、わざわざイタリアからレオナルド・ダ・ヴィンチやベルニーニを呼び寄せたほど。となれば、当然食文化も行き交っているはず。
それでもパスタはイタリアだけだ。そもそもパスタっていつ頃からあるのだろう?
また同じラテン系でもスペインやポルトガルにも麺類は聞いたことがない(米料理はイタリアにもスペインにもあるのに)。
なぜだろう?謎だ。

写真上は香港で食べたラーメンのような麺類。ダシが日本のラーメンとは異なるので、いわゆるラーメンとは全く違う味だが、これはこれで美味しい。
写真下はイタリアのローマで食べたパスタ。ボンゴレ・ビアンコだ。さすがイタリアはどこで何を食べても美味しい。
c0030685_12583142.jpg
c0030685_12575574.jpg

[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-21 12:57

9時間半

NHKのBSで、昨夜の19時半から翌朝の5時まで、9時間半すべて「機動戦士ガンダム」の放送をしていた。
テレビで見ていた当時は小学生から中学生。まさにガンダム世代だ。
学校もクラスの大部分がガンダムファンだったような気もする。
模型店に並ぶことはなかったが、プラモデルもよく作ったものだ。
現在でもPS2用のガンダムゲームはいくつか持っている。
中学生の時、友達と「ザク」だの「ゲルググ」だの話していたのがなつかしい。

昨夜のBSでは、機動戦士ガンダムの劇場版3部作を一気に放送した。
最後まで見てしまい、結局9時間半もテレビの前にいた。
テレビ版と比べてストーリーの進行がかなり早いが、ガンダムは何度見ても面白い。
実は、テレビ版はしばらく前までテレビ埼玉で毎週水曜日の深夜に放送していて見ていた。
夢中になっていたファーストガンダムが今でも楽しめたのはうれしかった。
現在は今度映画化される「Zガンダム」が放送されている。
ボチボチ見てはいるが、どうもしっくりこない。
つまらないわけではないが、何か感覚的に合わない気がする。
やはり私にとって「ガンダム」とはファーストのことであり、それ以外は全く別のものという印象だ。
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-20 14:25

Rainbow Rising

外出した帰り、駅前にあるビデオ&CDレンタルのお店に寄った。
なんとなくCDを借りたくなったのだ。
特にお目当てのアルバムもなかったので、CDレンタルコーナーをぐるぐる回っていた。
しばらく物色して、3枚のCDを選んだ。
そのうち2枚は全く知らないバンドで、お店の紹介文を読んで決めた。
ひとつは「Maroon5」の「Song About Jane」。
もうひとつは「The Vines」の「Highly Evolved」。
Maroon5はアメリカ、The Vinesはオーストラリアのバンドらしい。
早速iBookのiTunesに入れて聴いてみた。
あ、Maroon5の「She Will Be Loved」はノエビア化粧品、「Sunday Morning」はトヨタヴィッツのTVCMで使われていて知っているぞ。
The Vinesは「ニルバーナ + ビートルズ」とか言われているそうで、確かにニルバーナっぽさも感じるし、ビートルズっぽい曲もある。
全体的には現代の若者が演奏している古くさいテイストのロック、という感じ。
同じオーストラリアのバンド「JET」(Are You Gonna Be My GirlがiPodのCMに使われて大ヒットした)にも少し近い印象だ。

そして3枚目に選んだのが、レインボーの「Rising」(邦題:虹を翔る覇者)だ。
レインボーのセカンドアルバムで名盤と言われている。

私は1970年代の小学生の頃から、ディープ・パープルやレッド・ツェッペリンなどのブリティッシュハードロック(昔はヘヴィメタルなんて言葉はなかった)を聴いていた。
パープルのギタリストだったリッチー・ブラックモアが脱退して、自身のバンド、レインボー(たしか当初はリッチー・ブラックモアズ・レインボーだと思った)を結成した時は話題になったのを覚えている。

1978年、レインボー2回目の来日の時(アルバムLong Live Rock'n Rollが発売された時のツアー)、私は武道館まで見に行った。
小学校3〜4年生の頃。今思えば、変わった小学生だ。
コンサートの始まり、今は亡きドラマーのコージー・パウエルにスポットライトが当たった瞬間は、今も鮮明に記憶している。
もちろんリッチー・ブラックモアのギターやロニー・ジェイムズ・ディオのヴォーカルが生で聴けたのはすごい感動だった。

「Rising」を聴くのは、25年ぶりくらいだろうか。
iBookに付けたイヤホンから流れてきたパワフルながら中世ヨーロッパをイメージするロック。
「あぁ、そうそう、そうだったな」となつかしくなった。
しかも今聴いても全く古さを感じさせない。
iTunes Music Storeで他のレインボーのアルバムも試聴したが、このアルバムがズバ抜けて良いように感じる。
やはり名盤だ。

今では伝説となったディープ・パープルやレインボー、レッド・ツェッペリンやクイーンをリアルタイムで知っている私は、少し幸せなのかな。
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-18 13:35

スナップ

昨日、最終日になってしまったが、鈴木信彦さんの写真展「TOKYO SPIRITUAL」を見に行くことができた。
会場では数年ぶりに鈴木さんに会い、楽しい時間を過ごした。
彼は現在でも夕暮れから夜の雑踏を撮影しているとか。
私も繁華街を必死にスナップしていた頃を思い出し、少しなつかしくなった。

作品は期待通りのスナップだ。
まったく演出していないからこそ可能な緊張感がある。
そして鈴木さんならではの映像世界があった。
久しぶりに「人物スナップ」を堪能し、自分にとってもいい刺激になった。
[PR]
# by fujiitomohiro | 2005-08-17 13:33
line

写真や旅、日記など。デザインオフィス株式会社AQUA取締役/フォトグラファー。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31