人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

400年

私がヨーロッパが好きな理由はいくつかありますが、そのうちのひとつが歴史のある建物が多いこと。
普通の住宅が100年以上前の建物、というのも珍しくありません。
しかも戦争で破壊されても、その多くはまた元に戻してしまいます。
ヨーロッパの街を歩くと、その国の歴史や伝統を強く感じるのが好きです。

それに対し、日本は建物をすぐ新しくしてしまいます。
おそらく50年前の建物といえば、結構古い方ではないでしょうか。
私は建築に詳しくないのでよくわかりませんが、国民性もあるかもしれませんし、歴史的な背景もあるのかもしれません。
建物の素材もあるかもしれません。
また江戸時代は火事が多く、家がすぐ焼失してしまうため、建物を大切に保存するという意識が薄いのかもしれません。
また地震や台風が多いせいもあるかもしれません。

先日、何気なくテレビを見ていたら、日本で仕事をしているイギリス人の建築家が出ていました。
その人は日本での仕事が楽しいと言っています。
理由は、
「日本の建築は、20年〜50年もてばいいという考え。だから好きなことができる」
と。
「イギリスでは建物を建てる時、400年もたせる作りにする。400年後を考えながら仕事するのは、かなりプレッシャーなんだ。その点、日本は20年から50年で建て替えればいいからね」

建物の寿命が短い日本なら、様々なアイデアをトライできるのがいいそうです。
なるほど、そういう考えもあるのかと思いました。
それにしても400年とは、さすがヨーロッパです。


作品は2004年の秋に訪れた、イギリス、ロンドン。ポートベローマーケットです。オリンパスE-1とズイコーデジタル14-54mmF2.8-3.5で撮影。Silver Efex Proでモノクロ。
c0030685_23443743.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2010-02-06 23:44 | イギリス UK
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30