人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

東北地方太平洋沖地震

地震が起きた時、私は秋葉原にある某誌編集部にいました。
尋常ではない揺れの大きさに、初めて地震で身の危険を感じました。

最初の揺れが治まると、みんなで階段を下りて外へ。
秋葉原は騒然としていました。
再び大きな揺れがあると、悲鳴も聞こえてきました。
ゆらゆらと揺れる建物を見ると、ゾッとしたほど。

その後、しばらく外にいましたが、寒いので編集部がある建物の1階で様子見。
当然、この後の仕事はすべて延期になったので、電車が動いたら帰ろうかと思いました。
ところが再開の見込みはなし。
タクシー乗り場も長蛇の列だとか。

夕方5時半近く、待っていても仕方がないと判断し、意を決して自宅まで歩くことにしました。
iPhoneのマップを使って道を調べ、いざ出発。
電車はすべて止まっているため、歩道は大勢の人が歩いています。
それは、まるでコンサートやスポーツの試合の後のよう。
途中、レンタカーのお店の前を通ると、こちらも長い列ができていました。
携帯も通じにくく、数少ない公衆電話ボックスも長蛇の列です。

歩くこと約2時間半、夜8時近くになって、やっと自宅にたどり着きました。
心配なのが自宅の様子。
恐る恐る玄関のドアを開けてみると・・・たしかにいろいろ物が床に散乱しています。
しかし幸いなことに、ガラス類や食器など、割れ物は無事。
パソコンや外付けハードディスクも問題ありませんでした。

ただ・・・仕事部屋を見てみると、ライカD III とローライフレックス2.8Fが機材ロッカーから床に落ちていました。
D III は底ブタの角が少し凹んだだけで済みましたが、ローライはピントノブにヒビが入ってしまいました。
落ち着いてら、フィルムを入れて、テスト撮影をするつもりです。

まだ余震が続いて不安な夜ですが、とりあえず家族、親戚は無事なのでホッとしました。


写真は地震直後の秋葉原。
東北地方太平洋沖地震_c0030685_057576.jpg

by fujiitomohiro | 2011-03-12 00:57
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30