FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

イタリアから帰国

本日、イタリアから帰国した。
ちょうどトリノオリンピックの開会式と入れ替えだ。
まずは何事もなく、無事に戻ってこれてホッとしている。

04年に初めてイタリアを訪れた時はローマだけだったが、今回は斜塔で有名なピサ、そしてメインとなるルネサンス発祥の地、フィレンツェ、さらに半日だけフィレンツェの北にある街、プラートと、トスカーナの3つの街を訪れた。

フィレンツェは都会のローマとは異なり、ヨーロッパの地方都市の雰囲気だ。
「いかにもイタリア」と感じる街だ。
ピサは斜塔にも上った。
螺旋階段を上がっていると、傾いている側に自分の体も傾いてしまうのが不思議な感覚だった。
プラートは田舎の小さな街。
英語もほとんど通じず、イタリア語とジェスチャーだけのコミュニケーションが楽しかった。

イタリアへは何度も訪れたくなる国だ。つい「次は…」と考えてしまう。
ミラノは空港だけだったし、水の都ヴェネチアも訪れたい。
ナポリも魅力的だ。
今回の旅で、一層イタリアが好きなったように感じた。


ご存知ピサの斜塔。意外と大きな建物だ。わかっていても、目の前に傾いた建物があるのは不思議な気分になる。
c0030685_1916295.jpg


500年以上も前にルネサンスを生んだ街、フィレンツェ。ミケランジェロ広場から街を眺める。向かって右に見える大きなドーム(クーポラ)がある建物がフィレンツェのシンボル、ドゥオーモことサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。このクーポラは、天才彫刻家ブルネレスキが作った。すぐ左にはジョットの鐘楼も見える。そして画面向かって左に見える塔がある建物はヴェッキオ宮。手前にはアルノ川が流れる。
c0030685_19254076.jpg


今回の旅で楽しみにしていたのが、ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」や「春」が収蔵されているウフィツィ美術館を訪れることだった。朝から昼過ぎまで、たっぷり時間をかけて堪能した。奥に見えるのはヴェッキオ宮。
c0030685_19285758.jpg


フィレンツェの北にある街、プラート。フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から鉄道で30分前後で着く。プラートは聖母マリアが身につけていた帯、「聖帯」を保存している街として知られている。画家のフィリッピーノ・リッピやフィリッポ・リッピが活躍した街でもある。静かな雰囲気の街だ。写真は街の中心地、ドゥオーモ広場とドゥオーモ。
c0030685_19322667.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2006-02-11 19:33 | イタリア Italy
line

フォトグラファー。写真や旅、日記など。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31