人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

PROFESSIONAL VERSION

再びキヤノンのプロストラップの話題だ。
キヤノンから発売された「EOSストラップ PROFESSIONAL VERSION」はかなり人気があるらしい。
「相変わらずプロストに関することは話題になるな」と感心していたら、数日前にそのストラップが我が家に届いた。

で、実物はどんなものか早速箱から出してみた。
ちなみに本物のプロストは箱ではなくビニールの袋に入っている。

第一印象の正直な感想は…高級感がない。
肩当て部分と釣りひもを繋げているレザーの材質が、本物のプロストとは違う。
それに肩当ての裏側の滑り止めの材質も違う。
また本物と違うのは、肩当て部分の長さが短いことだ。ただ、これはこれで使いやすそう。
全体的にコストダウンしているな、という印象だった。

市販品はあくまで市販品であって、プロストのレプリカだ。
しかし色は全く同じだし、感触もなかなかいいので、見た目も重視したいEOSユーザーにはお勧めだ。
ストラップを変えれば気分も変わる。これで「写真が撮りたい」という気分になれば、3,500円は決して高くないと思う。

私がまだ学生だった80〜90年代は、プロストラップが大きな話題になっていて、アマチュアは市販されていないプロストラップに憧れたものだ。
今回のレプリカを見て、自分もプロストに憧れていた昔が懐かしくなった。

このストラップは限定発売というわけではないので、あせってオークション等で標準価格より高い値段で買う必要はなさそうだ。


上が市販の「EOSストラップ PROFESSIONAL VERSION」。プロストのレプリカだ。下が本物のプロストラップ。色は同じだが、レプリカは肩当て中央に「PROFESSIONAL」の刺繍が入っている。肩当ての長さはレプリカの方が短い。似ているが、じっくり見ると結構違う。ちなみに下の本物のプロストラップは、EOS10Dにもつけている。
PROFESSIONAL VERSION_c0030685_17394759.jpg


EOS-1Nにつけているのは、さらに1世代前のプロストラップ。「PROFESSIONAL VERSION Canon」の文字は刺繍ではなく、シールで貼り付いている。刺繍タイプと文字の入り方も違う。また長さ調節部分は金属製。刺繍タイプはプラスチックだ。
PROFESSIONAL VERSION_c0030685_17441171.jpg


これが現行(たぶん)のプロストラップ。色は黒。肩当て中央に「EOS DIGITAL」の刺繍が入っている。どこにも「PROFESSIONAL」や「PROFESSIONAL VERSION」とは入っていないので、プロストには見えない。個人的には結構好き。EOS-1D MarkIIにつけて使っている。
PROFESSIONAL VERSION_c0030685_17514479.jpg

by fujiitomohiro | 2006-07-07 17:53 | ハードウェア Hardware
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30