人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

2006年 12月 26日 ( 1 )

バスティーユ

月刊カメラマン誌でライカM8を使用したり、日本カメラ誌で「コレからライカ」の連載がスタートしたり、ここ最近ライカに触れる機会が多くなっています。

まだデジタル一眼レフを使用する前は、作品撮りでよくライカを使っていました。
デジタルのシステムを構築してからは、ヨーロッパで作品を撮る時に持ち出す程度に出番が減り、ライカに全く触れない日も多くなりました。
しかし、ここのところ改めてライカを触ったり、ライカが豊富な中古カメラ店を覗いていると、やはりライカは楽しいな、と思います。
ライカ好きの気持ちが、またフツフツと沸いてきました。とは言っても、新たなボディやレンズを購入する予定はないのですが。
それでも、中古カメラ店に行くと、自分が生まれた年と同じ年に製造されたライカM4を探してしまいます。

M4は以前所有していましたが、機械の調子があまり良くなかったことで、どうも自分のフィーリングとのズレを感じてしまい、手放しました。
それ以降、次に手にするのはM2かもう1台M6かな、と考えていましたが、やはりM4に目が行ってしまいます。
しかしM3の初期型(70万〜80万台前半)も魅力的。
ライカへの熱は、まだ冷めていなかったようです。

作品は04年に撮影したパリ。バスティーユ広場です。この近くには中古カメラ店が多く、ズミクロン50mmF2が安く手に入れば、と思って覗いてみましたが、残念ながら購入までには至りませんでした。なお、この作品はライカではなく、ニコンF3とAiニッコール28mmF2.8Sを使用しています。
バスティーユ_c0030685_13521948.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-12-26 13:52 | フランス France
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー