FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

50mm

2月に行ったイタリアでは、久しぶりに銀塩カメラをメインにした。
ライカM3とM6。
デジタルも作品用にリコーGR DIGITALを持って行ったが、カット数はとても少なかった。
気持ちをライカに集中させたかったようだ。

レンズはエルマリート21mmF2.8、ズミクロン35mmF2、50mmF2、90mmF2の4本。
M3にズミクロン50mm、M6にズミクロン35mmを装着し、必要に応じてM6は21mm、M3 は90mmに交換した。

M3とM6では、M3の方をよく使った。つまり50mmがメインだったのだ。
M3に50mmの組み合わせは実に使いやすい。
はじめてM3にLマウントのエルマー50mmF3.5を装着して撮った時の感動は忘れられない。
肉眼の映像をそのまま切り取るような感覚だった。

ヨーロッパに行くと、さらに50mmがフィットするように感じた。
街と私との距離は、50mmが最も合うように感じたのだ。
仕事でドイツへ行った時、自分の写真用のライカM6は35mmにするか50mmにするかで迷い、結局50mm1本だけにした。
それは正解だった。被写体との間合いは、50mmで丁度良かった。
04年に行ったパリはニコンF3をメインにしたが、やはりニッコール50mmF1.4でほとんど撮ってしまった。
その時の作品は、現在発売されている月刊カメラマンに掲載されている。

50mmと言えば、アンリ・カルティエ=ブレッソンだろう。
作品のほとんどがライカに50mmだけ。時々35mmと90mmに換えるくらいだった。
木村伊兵衛もライカに50mmが多かった。
どうやら木村伊兵衛の場合、ブレッソンの影響も大きいようだ。
菊池寛賞受賞のインタビューの中でヨーロッパ撮影の話になり、
「それにしても感心したのはブレッソンです。もっぱら50mmですが、ポケットに35mmと90mmが入っていて、必要に応じて交換するのですが、その素早いこと」
と語っている。そして
「狭い横町を撮るのも35mmより50mmの方がぐっと迫ってくる」「もっと50mmを活用してもらいたいですね」
とも語っている。

スナップと言えば広角レンズを使う人が多いが、私は50mmが好きだ。
”標準”50mm。その面白さが少しずつわかってきた。最近そんな気がしている。


2月のイタリアは、M3にズミクロン50mmF2がメイン。いつもはM3だとズマリット50mmF1.5なのだが、ヘリコイドがグリス切れでズミクロンにした。
c0030685_205352.jpg


M3とズミクロン50mmで撮ったフィレンツェ。被写体との絶妙な間合いが得られる。
c0030685_2071673.jpg


04年のパリでは、ニコンF3に50mmがメインだった。発売中の月刊カメラマン誌の「ポレポレ紀行」でも、この組み合わせがほとんどだ。
c0030685_2085418.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-31 20:09 | イタリア Italy

試しに

ついに手に入れたニコンF2。
早く撮影したいが、今は原稿に追われていて時間がない。
仕方なくパソコンの脇に置いて眺めている。
悩んでいるストラップは、まだ決まっていない。
撮影のついでに新宿で見てこようと思っているのだが…週末まで無理だ。
そこで試しに、部屋にあったボロボロの黒いナイロン製のストラップを付けてみた。
うん、結構いい感じだ。
F3もこのタイプを付けているので、違和感がない。ただ面白みもないかな…。
茶色のストラップも考えたが、やはり黒が似合うかもしれない。
ナイロン製にするか、革製にするか、原稿が終わるまでもうしばらく考えよう。
たかがストラップ。だが、それにこだわるのも趣味カメラの楽しさなのだ。

c0030685_2144368.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-29 21:44 | ハードウェア Hardware

Nikon F2 Photomic A

フィルム一眼レフを買ってしまった。
銀塩カメラを買ったのは、もう3〜4年ぶりになるだろうか。
キヤノンAE-1P以来かな?レチナIIc以来かな?
もうその前は何を買ったのか、すっかり忘れてしまった。
思い返せば、キヤノンEOS D60を買って以来、手に入れたカメラはすべてデジタルだった。

買ったのは、ニコンF2フォトミックA。
先日オークションを見たら結構安い価格で出ていて、入札したらそのまま落札してしまった。

どうしてF2なのか?
最近のお気に入りのMF一眼レフはニコンF3やFE。どちらも電子式だ。
F3やFEと共に使えて、確実に作動する機械式カメラが欲しかった。
そこで「究極のメカニカルカメラ」と言われるF2にしたのだ。

最近はフォトミックでは露出計がダメなものが多く、小さなアイレベルの方が人気が高い。
だが私はフォトミックのデザインが好きだ。大きいけど精密機械らしさを感じる。
しかもこのファインダーは露出計がしっかり動いている。
そしてシルバークロームボディなのも気に入った。
F2はブラックが人気だが、私はクロームが好きだ。現代のカメラにはない美しさがあるからだ。
もうこんなクローム仕上げはできないだろう。
フォトミックファインダーを載せると、本体はシルバーでファインダーは黒というパンダのようになるのも面白い。

外観はそこそこ使い込まれているが、中身がしっかりしていたので、これからF3やFEと共に作品撮りに活躍してくれるだろう。
このF2を持って、どこか外国にも行きたいな。

さて今悩んでいるのは、このF2に付けるストラップだ。
ニコン純正の細くて黒いナイロン製(AN-4Bだっけ?)にするか、革製(AN-1だっけ?まだ売っているのかな?)にするか、それともアルチザン&アーティストの革製にするか(値段が高いんだな) 、どれが一番似合うだろう?

c0030685_17332063.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-28 17:33 | ハードウェア Hardware

シルバーエリート会員

2月上旬に行ったイタリアはアリタリア航空、下旬に行ったアメリカはデルタ航空。
どちらもスカイチームだ。
私はスカイチームのマイレージは、ノースウエスト航空とKLMオランダ航空と共通のワールドパークスの会員だ。
アリタリアもデルタも、ワールドパークスにマイルが貯められる。
アメリカから帰国後、ノースウエスト航空のホームページでマイル数を調べてみたら…
2006年度のシルバーエリート会員になっていた。

イタリアは約1万3000マイル、アメリカは約1万5000マイル、1か月ほどで約2万8000マイルを獲得した。
どうやら1年以内に2万5000マイル獲得するとシルバーに、5万マイルでゴールド、7万5000マイルでプラチナ会員になるらしい。

エリート会員になると、ボーナスマイルの獲得やアメリカ国内線でのファーストクラスへのアップグレード、事前座席指定や優先チェックインなど、様々な特典が得られる。
エリート会員としては一番下のランクのシルバーだが、それでもなんだかうれしい。
さすがに1年で5万マイル以上獲得するのは難しいから、ゴールドやプラチナは無理だな。

エリート会員の資格は来年2月末まで。
せっかくだから、2月までにどこかへ行こうかと考えてしまう。
ノースウエストでニューヨークとかいいな…。

エリート会員になると、エリート会員用の会員証が送られてくる。
c0030685_1272239.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-26 12:05 | 海外その他 Other

コダックブース

PIE2006のコダックブースには、私がコダックのコンパクトデジタルカメラ、V570で撮影したパノラマ写真が3カット展示されています。
会場にお越しの際は、ぜひご覧になってください。
なお作品は、上からイタリアのフィレンツェ、イタリアのピサ、トルコのパタラ遺跡になります。
c0030685_917328.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-24 09:17 | お知らせ Information

PIE2006

c0030685_2350146.jpg

明日23日から26日まで、東京ビッグサイトでPIE(パイ:フォトイメージングエキスポ)2006が開催されます。
アジア最大のカメラショー。
新製品や参考出品のカメラやレンズ、写真用品が見れたり、メーカーの方から直接製品の解説が聞けます。
また他にも様々なイベントが開催されるので、お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。
ちなみに私は23日に取材で行きます。
[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-22 23:50 | お知らせ Information

発売中

宣伝です。

先日のアメリカ、オーランドで取材したPMAの模様は、現在発売中の日本カメラ、4月号に掲載しています。
また私がオーランドで実写を行ったペンタックス*ist DL2のレポートも掲載しています。
連載中の「おもひでの70's〜80'sカメラたち」はコニカFS-1。
ぜひご覧ください!
http://www.nippon-camera.com/

また月刊カメラマン、4月号では、連載中の「POLE POLE紀行」「We Love 中カメ」の他、オリンパスズイコーデジタル18〜180mmF3.5-6.3のテストや、「メモリーカードの選び方」にも私が登場しています。
こちらもぜひご覧ください!
http://www.digi-came.com/jp/
[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-21 20:07 | お知らせ Information

そろそろ

欲しいものはたくさんある。
最近は、ひさしぶりに銀塩のMF一眼レフが欲しいなぁ、と思うし、レンズも欲しい。
カメラ関係以外にも欲しいものはいろいろ。
でもそろそろ買い換えたい、と思っているのはパソコンだ。
メインのPowerMac G4は、今年の秋でもう4年になる。
まだ何とかなっているが、さすがに「遅い」と感じることも多い。
買い換えだと、今ならPowerMac G5ということになる。しかし予算はない。
それにMacもIntelプロセッサを採用してきている。
次のPowerMacにもIntelが入るだろう。それまでMac貯金をしようかな。
それとも安定しているG5をあえて、という手もある。
いやいや、パソコンの前に大きな液晶モニタを先に購入しなくては。
こちらもそろそろ買い換え時だ。
大容量の外付けHDDも欲しいし、本当にデジタルはお金がかかる…。

そう言えば、ここのところWinnyが話題になっている。
実は私はWinnyについてほとんど知らない。ファイル交換ソフト…ということくらい。
現在、使うパソコンの99%はMacだから、Windows専用のWinnyは関係ないのだ。
もともと私はWIndowsからパソコンに入ったけど、Macを使い出したら気に入ってしまい、Windowsは使わなくなってしまった。
たぶん次期WindowsのVistaが出ても変わらないだろう。
[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-20 22:34 | ハードウェア Hardware

新ブランド?

ソフトバンクがVodafoneを買収することになった。
私はVodafoneユーザーだ。
Vodafoneは海外に強いので、先日のトルコ、イタリア、アメリカではとても便利だった。
個人的には気に入っている。
そのVodafone、ソフトバンクの買収でブランドが新しくなるらしい。
私は東京デジタルホンからのユーザーだ。もう9年くらいになるだろうか。
ずっと使い続けている間に、東京デジタルホン → J-PHONE → Vodafoneとブランドが変わってきた。
ユーザーは何も変わっていないのに、ブランドがどんどん変わる。
次はどうなるのか…。
[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-18 20:35 | 日常 Daily

写真展

コニカミノルタプラザへ、カメラ雑誌でもお馴染みの写真家、大浦タケシさんの写真展、「盆地〜もうひとつの記憶」を見てきた。
6X6のカラーネガで撮影され、イマコンのスキャナでデジタルデータ化してインクジェットプリンタで出力された作品だ。
イマコンのスキャナやプリンタの性能もあるのだろうが、実にトーン豊かな美しいプリントに仕上げられていた。

大浦さん(ウラさん)は、先日のアメリカでも一緒に行動することが多く(ウラさんはA誌の依頼。私はN誌の依頼)、親しい写真家仲間のひとりだ。
だいたい、会って別れる時は「また一緒に飲もうね」である。
ウラさん、本当にまた飲みましょうね。日本には焼酎があるし(笑)

なお、コニカミノルタプラザは継続されるらしい。少なくとも今のところは。
ウラさんの写真展の後、調子が悪かったフィルムスキャナ(ディマージュスキャンエリート5400)の修理と、銀塩AF一眼レフでは最も気に入っているα-9、α-9Tiの整備点検を出しにサービスセンターに寄ってきた。
そこでミノルタ時代からお世話になり、現在ギャラリー担当のAさんに偶然お会いして、その話を聞いた。
まだコニカミノルタプラザは続くので、写真展を開催したい人は、どんどんチャレンジしましょう。

昨日はようやく確定申告の書類を提出できた。
昨年、一年間の仕事がやっと終わった気分だ。
[PR]
by fujiitomohiro | 2006-03-14 19:52 | アート Art
line

フォトグラファー。写真や旅、日記など。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー