人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ソフランしわスッキリスプレー

久しぶりにリバーサルフィルムで撮影した。
ここ最近は、モノクロフィルムを使う以外はほとんどデジタルだ。
だからと言って、シャッターを切った後に、ついカメラの裏ブタを見てしまう…なんてことはない。
ただデジタルに慣れてしまうと、銀塩は露出の確認がその場でできないので、ちょっと不安になる。
しかも単体露出計は持って行かなかったから、カメラの内蔵露出計だけ。
晴れた日なら大体のデータは頭の中に入っているが、曇りの日の露出は意外と難しい。
少し多めに段階露光をしておいた。まず大丈夫だろう。

帰りにライオンの「ソフランしわスッキリスプレー」を買った。
どうもジャケットを着た後にできるしわが気になっていたので。
使い方はしっとり湿るくらいにスプレーして、手でピンと伸ばし、あとは吊して乾燥されるだけ。
どんな具合か半信半疑だったが、ジャケットにスプレーしてみたら、かなりしわが消えた。
完全になくなるわけではないものの、目立たないくらいにはなる。かなり効果はあるようだ。
なんだかちょっとうれしかったりして…。
by fujiitomohiro | 2006-05-10 19:50 | 日常 Daily

体重

私はずっと体格が細かった。
20代の頃なんて、ウエストが細すぎてサイズの合う服を探すのが大変なくらい。
しかし2〜3年前から太り始めた。ウエストのサイズは3cm以上増しただろうか。
周囲からも「太ったね」と言われるようになる始末。
体重計に乗ると、やはりずいぶん重くなっている。
それでも今まで細すぎていたので、「やっと標準的になってきたかな」と気にせずにいた。

ところが今朝、久しぶり体重計に乗ってみると…また体重が増えていた…。
さすがに少しショックだ。
頭の中に「肥満」「ダイエット」という文字がちらつく。
以前では考えられなかったことだ。
「予の辞書にダイエットという文字はない」と思っていたのに、どうやら書き加えられたらしい。

どうしてこんなに増えたのだろう?
食事の量は昔とさほど変わっていないように思うのだが。
やはり年のせい?
たしかに30代とはいえ、もう後半。四捨五入すると40になる。
若い頃とは体質が変わってきたのかなぁ、なんて考えたり。
時が経つのは恐ろしいものだねぇ…。

ただインターネットで見てみると、BMI標準体重というのがあるらしく、それで調べてみると、身長、年齢に対する体重は標準的という結果が出た。
しかし油断は禁物。これ以上体重が増えないようにしなければ。
ただスポーツジムとか行くのは性格的に合わない。
カメラを持って街を歩く。これが一番だな。
by fujiitomohiro | 2006-05-09 18:29 | 日常 Daily

ヴァチカン市国

イタリア、ローマの中にあるヴァチカン市国で、入隊する衛兵の宣誓式が行われたらしい。
2006年5月6日は、スイス衛兵隊創設500年にあたり、それを記念して初めてサン・ピエトロ広場で式典が行われたとか。

ヴァチカンはローマの中にあるため、イタリア軍が守っているのかと思ったら、実はスイス兵だ。
1506年、教皇ユリウス2世の要請で、最も勇猛果敢と言われたスイス兵による衛兵隊が結成されたのが始まりらしい。それが現在でも受け継がれているのだ。
ユリウス2世の時代は、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロが活躍した時代。
当時がどんな様子だったのか、想像が膨らむ。

イタリアの中、それもローマの中にある世界最小の国。国民はほとんどが聖職者。スイス衛兵も市国民。そしてカトリックの総本山。
ヴァチカンは最も変わった国のひとつ、と言って過言ではないだろう。


サン・ピエトロ大聖堂から見たサン・ピエトロ広場。まるで人々を包み込むような広場の形は、彫刻家ベルニーニの設計による。
ヴァチカン市国_c0030685_19272467.jpg

by fujiitomohiro | 2006-05-07 19:27 | ヴァチカン Vatican

野球観戦

昨日は、東京ドームへプロ野球、読売ジャイアンツVS東京ヤクルトスワローズの試合を見に行ってきた。
結果は10対5でスワローズの勝ち。巨人は今季初の二桁失点と連敗になった。
球場は巨人のホームなので、当然大半は巨人ファン。
あちこちからため息が聞こえた試合だった。
私としては野球が生で見れて、とても楽しかった。
特に野球を見ながら飲むビールは最高かも!?


東京ドームは2階席からの観戦だった。野球場の雰囲気は結構好きだ。
野球観戦_c0030685_21515896.jpg

by fujiitomohiro | 2006-05-06 21:52 | 日常 Daily

買いすぎ?

ここのところ、カメラ関係より服ばかり買っている。
今日もTシャツ1枚を買った。あと靴も。
昨日は半袖のシャツを2枚とTシャツ2枚。
その前もシャツやらジャケットやらいろいろ。
ちょっと買いすぎかも…。しばらく自粛しようかな。
by fujiitomohiro | 2006-05-04 21:08 | 日常 Daily

ガリレオ・ガリレイ

「この番組面白そう」と思っても、見ることができない場合はビデオに録画する。
ちなみに私は、まだハードディスクレコーダーなるものは持っていないので、昔ながらのビデオテープだ。
しかし録画しても、それで安心してしまってなかなか見ないこともある。

先日もガリレオ・ガリレイについての番組を放送していたので録画したのだが、実はまだ見ていない。
近々見ようと思っているのだが、録画してあることに安心して、わずか45分の番組なのに、「また今度」「また今度見よう」とズルズル先に延びてしまう。
これではダメだなぁ…。

さて、そのガリレオ・ガリレイ。
「それでも地球は回っている」の地動説を唱えた、16〜17世紀のイタリアの学者だ。
天文学や物理学を研究していたとか。
ピサの斜塔から重さの違う2つの玉を落として自由落下の実験した話は有名だが、実際にはそのようなことは行われなかったらしい。
しかし、その話の名残なのだろう。ピサの空港は「ガリレオ・ガリレイ空港」とも呼ばれている。

ガリレオ・ガリレイは1642年に没し、フィレンツェのサンタ・クローチェ教会に埋葬された。
サンタ・クローチェ教会の中に入ると、ガリレオ・ガリレイの墓を見ることができる。
なお、ガリレオの向かいには、なんとミケランジェロの墓がある。
どちらもあまりにも有名な人物だが、教会の中はひっそりと静かな時間が流れていた。


ガリレオ・ガリレイが実験をした、と言われてきたピサの斜塔。だが実際は異なるらしい。お店のショーウィンドーと、ガラスに反射した斜塔を狙った。
ガリレオ・ガリレイ_c0030685_22242153.jpg


フィレンツェのサンタ・クローチェ教会にあるガリレオ・ガリレイの墓。まるで芸術品のようだ。
ガリレオ・ガリレイ_c0030685_2226577.jpg


ガリレオの墓の向かいにある、ミケランジェロの墓。こちらも美しい。レオナルド・ダ・ヴィンチのライバルであり、ヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂の中にある彫刻、ピエタや、システィーナ礼拝堂の天井画を描いていることで知らるミケランジェロは、フィレンツェでひっそりと眠っている。
ガリレオ・ガリレイ_c0030685_22291323.jpg

by fujiitomohiro | 2006-05-02 22:29 | イタリア Italy
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー