人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

受胎告知

来年の3月、東京の国立博物館に、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」がやってくるそうです。

受胎告知は、マリアの前に大天使ガブリエルが現れ、「あなたは神の子を産むだろう」というお告げをする場面です。
さらに「その子にはイエスと名付けなさい」と言います。

この受胎告知は、フラ・アンジェリコやエル・グレコなど、様々な画家が描いていて、そうした中でも、最も有名なもののひとつであるレオナルド・ダ・ヴィンチの作品が来るのです。

その作品は、イタリア、フィレンツェのウフィツィ美術館に収蔵されています。
ただでさえ貴重なダ・ヴィンチの作品。門外不出でした。
それが日本にやってくるというのは、大きな出来事と言えます。
開催されると、おそらくものすごい人が押し寄せるとは思いますが、生でダ・ヴィンチの作品が見れる機会です。絶対に行くべきでしょう。

ちなみに私は、今年の2月にフィレンツェを訪れた際、ウフィツィ美術館でこの作品は見ました。
目にした瞬間、とても500年以上経過しているとは思えないほど、生々しさが伝わってきました。
しかも、時間をかけてゆったり見ることができました。
団体客の多くはボッティチェリの「春」や「ヴィーナス誕生」をパッと見て、レオナルド・ダ・ヴィンチの部屋もあっという間に通り過ぎていきました。
じっくり鑑賞できた私は、とても贅沢だったかもしれません。

フィレンツェで見たダ・ヴィンチの受胎告知が、東京で再会できる。
その時が、とても楽しみです。

作品は2月に訪れたフィレンツェ。ウフィツィ美術館とヴェッキオ宮です。ライカM6とズミクロン35mmF2で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
受胎告知_c0030685_22192657.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-30 22:19 | イタリア Italy

間違いFAX

数日前のこと。
家で仕事をしていたら、FAXが鳴りました。
仕事関係だろうと思って見てみたら、全く違う内容。
どうやら間違い電話ならぬ、間違いFAXのようです。
某自動車メーカーへの部品の発注でした。
私はそのまま相手先へ送り返しました。それから何もないので、きっと間違いに気付いたのでしょう。

自動車と言えば、アメリカでは、車はほとんどATです。マニュアルミッションはあまり走っていません。
ラスベガスで乗ったバスもATでした。
しかしヨーロッパはほとんどマニュアルで、ATはとても少ないです。
ベルギーでは、ブリュッセルの空港からホテルまで乗ったメルセデス・ベンツのタクシーまでマニュアルでした。

しかし訪れたことがあるヨーロッパの国で、唯一AT車が多かったのがドイツです。
さすがベンツ、BMW、ポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディなどがある車大国。
しかもヨーロッパの人たちの多くは、横断歩道を渡る歩行者は信号無視が当たり前なのに、ドイツは日本同様、しっかり信号を守っていました。

ドイツ人は、フランス人やイタリア人などラテン系とは異なり、どこか日本人と似たようなところがあるように感じました。

写真はケルン。大聖堂「Dom」です。オリンパスμ-mini Digitalで撮影。
間違いFAX_c0030685_22355927.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-29 22:36 | ドイツ Germany

ローマ法王

ローマ法王、ベネディクト16世が、トルコを訪問するそうです。
ベネディクト16世がイスラムの国を公式に訪れるのは初めてだとか。

しかし法王は、以前にイスラム教の予言者ムハンマドを批判した、かつてのローマ帝国皇帝の言葉を引用したことで、イスラムの国々から強い反発を招いています。
トルコ国内でも「法王は来るな!」のような抗議運動がされているようです。

それでも法王は、トルコの首都アンカラの空港で、エルドアン首相と会談をすることになっているそうです。
アンカラでは厳戒態勢が敷かれているとか。
抗議運動はかなり盛んなようで、法王は無事にトルコ訪問を終えることができるかどうか、注目したいと思います。

作品は2004年に訪れたヴァチカン市国。サン・ピエトロ広場とサン・ピエトロ大聖堂です。この時のローマ法王は、まだヨハネパウロ2世でした。ライカM6とエルマリート21mmF2.8で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
ローマ法王_c0030685_21231145.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-28 21:23 | ヴァチカン Vatican

TVCM-2

今日もテレビCMから。

どうも気になっているCMが2つあります。
ひとつは全日空。もうひとつは富士フイルムです。
出演者が全く同じで、全日空は中国ロケ、富士フイルムはパンダ(着ぐるみ)が登場します。
この2社は、いったいどんな関係なのでしょう?気になります。

ちなみに気になると言えば、富士フイルムの「イ」はなぜ大きいのでしょう?
「ヤ」が大きいキヤノンと同じですね。

私は中国本土へは、まだ行ったことがありません。香港とマカオだけです。
写真はマカオから香港に到着する直前の、ターボジェット・フェリーの中から。高層ビル群が香港らしさを感じます。
TVCM-2_c0030685_20531826.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-27 20:53 | 香港 Hong Kong

TVCM

テレビを点けていると、よくCMを見ます。
商品や企業を宣伝する映像に注目しています。

そうした中で、私がとても好きなのが、広告写真家、上田義彦さんが撮影したCM。
特に最近、気に入っているのが、資生堂の企業CM。「新しい私になって」です。

『本日私はフラれました』
と熊木杏里さんの歌が流れ、フラれてしまった女性役の、モデルのマイコさんが、洗面台の鏡に映った自分の姿を見て、泣きながら顔を洗います。
そして鏡台の前に座り、化粧水をつけるごとに新しい自分へと変わり、自信を取り戻していく、という内容です。
自然光で撮影された映像はとても美しく、初めて見た時、グッと引き込まれてしまいました。

このCMは、NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に上田さんが登場した時に、撮影の様子が紹介されていましたので、ご存知の方も多いでしょう。

私が「上田さんが撮影したCMが好き」というのは、「上田さんが撮ったから好き」ではありません。
「綺麗な映像だな」と引き込まれたCMが、後から上田さんが撮影していた、と知ることが多いのです。
サントリーウーロン茶や、資生堂UVのCMなどは、自然光を生かし、空気感のある映像に惹かれました。

やはり最近気になったのが、三井不動産レジデンシャルのCM。
誰もいない部屋が映っているだけ。そして、ドビュッシーのピアノ曲「月の光」が静かに流れるだけで、ナレーションは何もありません。
しかし、それが何とも美しく、テレビで流れるたびに見入っていました。
その映像も上田さんが撮影していたことを最近知り、「あぁ、やっぱりそうか」と納得しました。

テレビCMを見ていただけではクレジットは全く出ないのに、好きなCMは上田さんが撮っていることが多い、というのは、とても驚きました。
改めて上田さんの表現力の豊かさを実感しました。

作品は1995年に、恵比寿ガーデンプレイスでスナップしたワンシーン。キヤノンEOS-1NとEF70〜200mmF2.8Lで撮影。フィルムはフジクロームプロビア100。
TVCM_c0030685_2056527.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-26 20:57 | 日本 Japan

クイーン

昨日はクイーンのリードヴォーカル、フレディー・マーキュリーの命日だったそうです。
今年で他界してから15年だとか。

クイーンが初来日したのは1970年代半ばだったでしょうか。
その頃私は小学校に入ったばかり。
しかし大きな話題になったことは知っていました。
ただ、その頃のクイーンは、ロックバンドというよりアイドル的な要素が多かったように思います。

「キラー・クイーン」「ボヘミアン・ラプソディ」などのヒット曲を聴くようになったのは、小学校3〜4年生くらいだったと記憶しています。
特にキラー・クイーンを初めて聞いた時、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルなど、他のブリティッシュロックとは全く異なる雰囲気を持っていて、不思議な感じがしたのは鮮明に覚えています。

私はクイーンのファンというわけではなく、コンサートにも一度も行きませんでしたが、なぜかよく聴いていました。
今でもiPodの中にはクイーンのベストアルバムが入っていて、移動中に聴いています。

写真はクイーンの本国、イギリス。ロンドンのハイド・パークです。
クイーン_c0030685_18252849.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-25 18:25 | イギリス UK

床屋

髪が伸びてきたので、そろそろ切らなくては。
床屋さんのサインポールと言えば、お馴染み赤、青、白のネジネジグルグル。
一般的な説では、昔床屋は医療関係も兼ねていて、赤は動脈、青は静脈、そして白は白衣を表している、と言われてきました。

しかし実際は異なるようです。
医療関係も兼ねていたのは事実らしいですが、どうやら外科医のシンボルカラーが赤白、床屋のシンボルカラーが青だったそうで、そこから床屋さんのサインポールは赤、青、白になったとか。
動脈、静脈、白衣ではないので、ご注意を。

写真は三ノ輪橋の床屋。キヤノンEOS-1D MarkIIとEF28〜70mmF2.8Lで撮っています。
床屋_c0030685_12583849.jpg


写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください
by fujiitomohiro | 2006-11-24 12:58 | 日本 Japan

Turkey

アメリカでは、11月の第4木曜日は感謝祭だそうです。
みんなで七面鳥を食べるのだとか。

七面鳥は英語でTurkey。
そうトルコと同じスペルで発音です。しかし七面鳥は北アメリカ原産。
なんでも、トルコを経由してヨーロッパに入ったホロホロ鳥と、後にヨーロッパへ入った七面鳥とを混同してしまい、七面鳥をTurkeyと呼ぶようになったそうです。

写真はトルコ。リキヤの遺跡があるオリンポスです。遺跡が建ち並ぶ川沿いでは、犬が遊んでいました。オリンパスE-500とズイコーデジタル14〜54mmF2.8-3.5で撮影。

Turkey_c0030685_18172145.jpg



写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-23 18:18 | トルコ Turkey

街の灯り

1996年の渋谷の夜。
キヤノンNewF-1 FD85mmF1.2L フジクロームプロビア100

街の灯り_c0030685_18234661.jpg



写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-22 18:24 | 日本 Japan

つい撮りたくなる

特別好きなわけでもなく、欲しいとも乗りたいとも思わないのですが、ミニを見ると、つい撮りたくなってしまいます。
ソニーα100とAFフィッシュアイ16mmF2.8で撮りました。

つい撮りたくなる_c0030685_1710627.jpg



写真ブログランキングに登録しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
こちらのバナーを”ぽちっ”と押してください。
by fujiitomohiro | 2006-11-21 17:10 | 日本 Japan
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー