FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

暑いか寒いか

金曜日まで暑かったと思ったら、土曜日は急に寒くなりました。
暑いか寒いかで、ちょうどいい気温がないような。

土曜日はお台場でモデルさんの撮影。
午前中は雨でどうなるかと思いましたが、幸いお昼頃に止んで撮影できました。
モデルさんも吹きさらしの中、がんばってくれました。

移動しながら撮影していると、アマチュアの方たちのモデル撮影会に遭遇しました。
この日のモデルさんは、撮影会のお仕事はないらしく、とにかくもの珍しそう。
「はじめて見ました!」
と興味津々。撮影会のモデルさんを眺めたり、撮っている人たちを眺めたり。
逆にアマチュアの方たちにも、こちらを注目されてしまいました。

私がどんなカメラを使っていたのか、わかった人はいたのでしょうか?

写真は2001年9月下旬のフランス。パリ北駅です。これからTGVタリスに乗って、ベルギーへ向かうところ。パリの前は蒸し暑い香港に滞在していて、ヨーロッパに到着したら、あまりの気温差に驚いた記憶があります。
c0030685_23213178.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-30 23:21 | フランス France

真夏日

東京は気温30度を超える真夏日。
とても、もうすぐ10月とは思えません。

昨年の9月はどうしていたかな、と思って写真を見返してみたら、香港とマカオに行っていました。
香港もマカオも暑かった記憶がありますが、今の東京の方が暑いような気もします。

週間天気予報を見ると、明日以降は最高25度前後なので、今年の真夏日はこれが最後かもしれません。
そうでありますように。

作品は昨年訪れたマカオ。タイパ島のタイパハウスミュージアム。リコーGR DIGITALで撮りました。
c0030685_179371.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-28 17:09 | マカオ Macau

蘭学

昨日は慌ただしい一日でした。
午前中は所用で某社へ。
お昼頃に終わって、代々木公園へ移動してモデルさんの撮影。
夕方から新宿方面に移動して、カメラ店の取材。
夜は撮影したデータのチェック。

結構機材が多かったので、某社の方に驚かれました。
それを持って、一日動き回るのは、かなり体力が要ります。
帰宅して画像チェックが終わったら、クタクタに疲れました。

モデルさんを撮影したのは約3ヶ月ぶり。
職業柄、ハイヒールを履き続けたら、足を痛めてしまったとのこと。
でも公園の中を歩き回っても、嫌な顔ひとつせず、ずっと笑顔でがんばってくれました。
よくカメラマンは体力勝負のようなことを言われますが、モデルさんも長時間歩いたり走ったり、レフ板やストロボで強い光りを当てられたり、改めて体力を消耗するお仕事だと感じました。

足をはじめ、どこか体の具合が悪くなったら行くのが病院。
西洋医学は、江戸時代にオランダを通じて日本に来ました。
オランダの医学書「ターヘル・アナトミア」を、杉田玄白や前野良沢たちが「解体新書」として訳したのは、学校で習ったのを覚えています。
当時のことを「蘭学」と言いますが、それはオランダだけでなく、ヨーロッパの文化全体のことだったようです。

ちなみに現在の医学では、ドイツ語、英語、オランダ語がごちゃ混ぜになっているとか(私は詳しくないのでよく知りませんが)。
ドイツ語の「カルテ」と言うと、日本では診療録になりますが、英語で言えば「カード」のこと。
また手術でお馴染みの「メス」は、オランダ語だそうです。

写真はオランダ。アムステルダムです。キヤノンEOS 30DとタムロンAF18〜250mmF3.5-6.3DiIIで撮っています。タムロンフォトサイトの「ワンクリックコラム」は、現在も私が最新ですので、ぜひご覧になってください。
c0030685_22454482.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-27 22:45 | オランダ Netherlands

ヒガンバナ

今夜は中秋の名月だそうです。
まだまだ気温は高いのに、風は乾いていて、季節が変わってきているのを感じます。
秋刀魚も安くなりましたし・・・。

秋の彼岸の頃に咲く花、と言えばヒガンバナ。
花言葉は「悲しい思い出」や「あきらめ」だそうで、ちょっと寂しいです。
そのせいか、ヒガンバナは、マンジュシャゲやシビトバナ、ユウレイバナとも呼ばれるそうで、かなり暗い印象になります。
それでもコスモスと並ぶ、秋を代表する花。
独特の形はとても綺麗です。

写真はキヤノンEOS Kiss Digital XとEF70〜200mmF2.8L ISで撮影したヒガンバナ。
c0030685_18105755.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-25 18:11 | 日本 Japan

マヨネーズ

キヤノン、富士フイルム、オンキヨーなど、「ヤ」「イ」「ヨ」などが大きい企業はまだありました。
マヨネーズやドレッシングでお馴染みのキユーピー。
キューピーではなくキユーピー(ユが大きい)。
日頃キユーピー製品にお世話になっているのに、これは知りませんでした。

さて、ずいぶん前にも話題にしたことがありますが、ベルギーやフランスでは、フライドポテトにマヨネーズをかけて食べるのをご存知でしたか?
そもそもフライドポテトはベルギーが発祥と言われています。
でもフライドポテトは「フレンチフライ」とも言われますね。

昔アメリカで、フライドポテトを作っていた人がフランス語を話していたので、その人がフランス人だと思って「フレンチフライ」と呼んだそうな。
ところがその人はベルギー人でした。ベルギーの南部はフランス語なのです。

ベルギーやフランスでは、フライドポテトのことを「フリッツ」と言います。
もともとフリッツは、白身魚のフライのこと。
かつて海で魚が捕れなかった時、その代わりにジャガイモを白身魚に見立ててフライにしたことから、そう呼ばれるようになったそうです。
白身魚にはマヨネーズベースのタルタルソース。
そこから、フライドポテトにはマヨネーズをかけるようになったようです。

アメリカではケチャップが一般的になったので、現在はベルギーやフランスでフリッツを注文すると、「ソースはマヨネーズにする?ケチャップにする?」と聞かれます。
それはマクドナルドでも同じ。

実際食べてみると、酸味が日本のマヨネーズより控えめで、マイルドで美味しいです。
ベルギーやフランスを訪れた際は、ぜひお試しあれ。

写真は2002年のベルギー。世界遺産の街、ブルージュで食べた、マヨネーズたっぷりのフリッツ。
c0030685_22555098.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-24 22:56 | ベルギー Belgium

名前

職業柄、Canonはキャノンではなくキヤノン「ヤが大きい」や、FUJIFILMは富士フィルムではなく富士フイルム「イが大きい」ということは当然知っていました。

ところが、他にも同じような企業がありました。
スタンプ式印鑑でお馴染みのShachihata。
シャチハタではなくシヤチハタ「ヤが大きい」だったのです。
実はこれ、ごく最近知りました。

これだけかと思ったら、まだありました。
オーディオ関係のメーカー、ONKYO。
オンキョーではなく、オンキヨー(ヨが大きい)。

名前って難しいものです。

写真は2001年に訪れた、ベルギーのアントワープ。シュヘルド川です。ちなみに「アントワープ」は英語読み。フラマン語(オランダ語のフラマン方言)では「アントウェルペン」。フランス語では「アンベール」と言います。こちらも難しい・・・。
c0030685_2321831.jpg


10月号のカメラ雑誌は、「月刊カメラマン」の連載、「We Love 中カメ」がミノルタα-SweetII。
またパナソニック LUMIX DMC-FX55を紹介しています。
「日本カメラ」は連載の「コレからライカ」がライカM6による作品。
ファーストレビューでエプソンP-3000を紹介しています。
[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-23 23:21 | ベルギー Belgium

センレックナーム

動物園の帰りに、上野でタイ料理を食べました。
以前は新宿のタイ料理屋さんに時々行っていたのですが、そのお店がなくなってから、あまり食べなくなっていました。

春雨サラダ「ヤムウンセン」やタイ風チャーハンを食べながらシンハビールやチャーンビールを飲み、仕上げは汁入りの米の麺、「センレックナーム」を注文。

センレックナームをはじめて食べたのは、今からもう10年以上前のこと。
はじめてタイ料理を食べた時でした。
タイ料理の辛さとパクチーの独特の味に戸惑っていましたが、センレックナームは辛くなく、とても美味しかったのを覚えています。

また記憶に新しいのが2005年に訪れたバンコクでのこと。
滞在中にセンレックナームが食べたくなり、大衆食堂で注文しました。
汁のダシとプリプリのツミレ、そして淡泊な麺とパクチーの香りが絶妙のバランスで、タイでの思い出の味となりました。

センレックナームを食べていると、またタイへ行きたくなりました。

ちなみにパクチー(中国ではシャンツァイ、英語ではコリアンダー)は嫌いな人が多いようですが、私ははじめて食べた時に驚いたくらいで、今は大好き。
以前、インスタントのベトナムの麺「フォー」を食べた時、ついてきたパクチーが全然香りがなく、がっかりしました。

タイ、バンコク。巨大な寝釈迦仏があるワット・ポーにて。オリンパスE-500とズイコーデジタル14〜54mmF2.8-3.5で撮影。
c0030685_18265685.jpg


バンコクで食べたセンレックナーム。タイ旅行での思い出の味です。オリンパスμ-mini Digitalで撮影。
c0030685_18282212.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-19 18:28 | タイ Thailand

動物園

土曜日に動物園へ行ってきました。

動物園は約2年ぶり。
前回は平日でしたが、今回は3連休の初日。
しかも快晴とあって、すごい人出でした。
特に家族連れの多いこと。
それでも動物たちを見ていると、とても癒されました。

毛繕いをしているニホンザル。なんだか平和な光景です。
c0030685_2156188.jpg


飼育員さんに前足をブラシで擦ってもらって、超ゴキゲンのバク。
c0030685_2158049.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-17 21:58 | 日本 Japan

タムロンフォトサイト

レンズメーカーの名門、タムロンのフォトサイト
http://www.tamron.co.jp/index_p.html
内のコンテンツ、

ワンクリックコラム「おしゃべりなレンズたち」

第14回に私が登場しました。

ぜひアクセスしてご覧になってください。
[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-14 17:00 | お知らせ Information

谷中で洋食

なんだか食べ物の写真が多くなったような・・・。

土曜日の谷中では、お昼ご飯は洋食でした。
古い街並みが残る谷中ですと、和食が合うように思いますが、意外と洋食もフィットしました。

食べたのはランチメニューで、野菜のテリーヌと白身魚のムニエル(南仏風・・・だったかな?)。
どちらも結構美味しかったです。
しかもお値段は1050円。デザートと飲み物を入れても1550円とリーズナブル。
ちなみに私は、グラスビールを2杯飲みました。

野菜のテリーヌ。
c0030685_19562194.jpg


白身魚のムニエル。テリーヌと同じく、トマト系のソースで食べます。あとはパンが2個付いてきました。
c0030685_19572792.jpg

[PR]
by fujiitomohiro | 2007-09-13 19:57 | 日本 Japan
line

フォトグラファー。写真や旅、日記など。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー