人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ハンガリー名物

ハンガリーの名物食品といえば、やはりパプリカ。
様々なハンガリー料理にパプリカが使われています。
そしてハチミツも有名です。

さらに「GOOSE LIVER」も有名。
GOOSE LIVERはガチョウの肝臓。
そうです、キャビアやトリュフと並ぶ世界三大珍味のひとつ、フォアグラです。

ハンガリーは、フランスに次ぐフォアグラ生産大国。
ブダペストの中央市場や、フェリヘジ空港の免税店に行くと、フォアグラの缶詰がたくさん売られています。
しかも安い。
とはいっても、これまでフォアグラを買ったことがないので、どの程度安いのかはわかりませんが・・・。
それでも普通にお土産として買える金額だったと思います。
もちろん、我が家用にも買いました。

ついに先日、そのフォアグラの缶をオープン。
バゲットの上に載せて食べると、口の中に豊かな味わいが広がり、とても美味しかったです。
飲み物はもちろんワイン。
赤ワインとよく合いました。

ハンガリーを訪れたら、ぜひおすすめです。

ハンガリー名物_c0030685_1455230.jpg

by fujiitomohiro | 2009-12-28 14:05 | 日常 Daily

陽だまり

この季節は、陽だまりにいると眠くなります。


キヤノンEOS 7DとEF-S15-85mmF3.5-5.6 IS USM で撮りました。
陽だまり_c0030685_16583662.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-25 16:58 | 日本 Japan

Happy Holidays!

今日はクリスマスイブです。
12月25日のクリスマスは、イエス・キリストが誕生した日とされています。
しかし聖書の中には、キリストの誕生日が12月25日と書かれた箇所はありません。
どうやら冬至と関係があるようで、冬至を境に日が長くなることから、復活や再生を意味するそうです。

日本ではキリスト教徒が少ないせいか、クリスマスは単なる年末のイベントです。
私もキリスト教徒ではありませんが、子供の頃はプレゼントがもらえるせいか、とても楽しみだったのを覚えています。
とはいえ幼稚園がキリスト教系だったので、なんとなく厳かな気持ちにもなったものです。
ちなみに明治の頃には、すでにデパートでクリスマスのイルミネーションが飾られたとか。
しかも当時はサンタクロースに馴染みがなかったのか、ある冊子には「三太九郎(さんたくろう)」と漢字で登場しています。

なおアメリカやイギリスなどでは、信仰する宗教が様々で、すべての人がクリスマスを祝うわけではありません。
誰か会った時に「Merry Christmas!」や「Happy Christmas!」というと失礼にあたる可能性があるため、わからない場合は「Happy Holidays!」が良いそうです。

あと一週間で今年も終わり。
あっという間の一年だったので、年末という感覚がありません。


作品はカトリックの総本山、ヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂の中です。2004年に撮影。ライカM6とエルマリート21mmF2.8を使用。フィルムはコダックT-MAX400。
Happy Holidays!_c0030685_18295710.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-24 18:30 | ヴァチカン Vatican

下町

昨日、仕事の写真を撮りに、谷中界隈を歩きました。
谷中周辺は何度も撮り歩いていますが、行く度に新たな発見があるように感じます。
そして下町情緒のある街並みは、何度訪れても魅力があります。

谷中を歩いていると、カメラを持った人をよく見かけます。
昨日は、首からニコンF2フォトミックを提げて、さらに杖をついているお婆さんがいました。
杖をついている状態で、しかもあの重いF2で、どうやって写真を撮るのでしょうか。
思わず知りたくなりましたが、すぐそのまま通り過ぎて、あえて謎のままにしました。


作品は2007年に撮影した谷中。キヤノンEOS 30DとタムロンSPAF17〜50mmF2.8 Di II を使用しています。
下町_c0030685_2351318.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-16 23:51 | 日本 Japan

アバクロンビー&フィッチ

アメリカのファッションブランド、アバクロンビー&フィッチ(アバクロ)の日本初のショップが銀座にオープンしたそうです。
以前にその前を何度か通ったことがあり、「アバクロが日本に来るんだ」と思ったものです。

私はアメリカへ行くと、アバクロでTシャツをよく買います。
4〜5着持っているでしょうか。
でも特別アバクロが好きというわけではないせいか、なぜかTシャツばかりで他の服を買ったことがありません。
機会があれば、銀座のショップを覗いて、Tシャツ以外も見てみたいと思います。


作品は2006年に撮影した、アメリカ、フロリダ州オーランドのショッピングモール。オリンパスE-330とズイコーデジタル14〜54mmF2.8-3.5を使用。
アバクロンビー&フィッチ_c0030685_20235060.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-15 19:59 | アメリカ USA

エルマー50mmF3.5

これまでライカM9には、1970年代以降の新しめ(?)のライカ(ライツ)レンズばかり使っていました。
しかし古いレンズやライツ以外のレンズも所有しているので、少しテストしてみることにしました。

ここ数日、M9に装着しているのはエルマー50mmF3.5。
1950年前後のレンズで、ライカスクリューマウント(Lマウント)のため、Mマウントアダプターを使用しています。

このエルマーの写りは、トーン再現やカラーの発色が良好で気に入っています。
デジタルではどうなるのかと思いましたが、フィルムと同様に好結果でした。
あまりにも普通に写って、かえってクラシックレンズらしさが感じられないくらい。
とはいえ、半世紀以上も昔のレンズを、最新のデジタルカメラで使うのは、今までにない楽しさです。


ライカM9に装着したエルマー50mmF3.5。おそらくIIIcの後期かIIIfの初期の頃のレンズ。コーティングがされていて絞りが等倍表示で、最小絞りがF22のタイプ。ちなみに、これは私が15年以上も前に初めて買ったライツ製レンズです。
エルマー50mmF3.5_c0030685_19444376.jpg


ライカM9+エルマー50mmF3.5。ホワイトバランスはオートのまま。色かぶりがなく、自然な色調です。解像力もなかなか高くて、当時のレンズの性能の良さを感じます。
エルマー50mmF3.5_c0030685_1946146.jpg


ライカM9+エルマー50mmF3.5。RAWから現像し、さらにPhotoshopで調整していますが、シャドー部の階調の豊かさはエルマーらしさを思わせます。
エルマー50mmF3.5_c0030685_1949368.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-08 19:49 | 日常 Daily

THE ハプスブルク

新国立美術館へ「THE ハプスブルク」を見てきました。
オーストリア・ハンガリー二重帝国と国交を結んで140年の節目ということで開催されたようです。

オーストリアのウィーン美術史美術館、そしてハンガリーのブダペスト国立西洋美術館から作品が来日しています。
マリア・テレジア、フランツ・ヨーゼフI世、そしてエリザベートなど、ハプスブルク家のポートレートや、ラファエロ、ティツィアーノ、デューラー、レンブラント、ルーベンス、ベラスケス、エル・グレコなど、蒼々たる画家の作品が鑑賞できました。

また日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国との修好通商航海条約の締結の記念に、明治天皇から送られた画帖や蒔絵棚が展示されていたのも興味深かったです。
画帳や蒔絵棚は、140年ぶりの里帰りだとか。

私は1か月前にブダペスト国立西洋美術館を訪れたばかり。
そこで「東京と京都に出張中」の表示をいくつか見かけました。
それらの作品を、ようやく見ることが出来ました。


作品はハンガリー、ブダペストの王宮。ライカM9とエルマリート21mmF2.8で撮影。Silver Efex Proでモノクロ。
THE ハプスブルク_c0030685_2149697.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-07 21:49 | ハンガリー Hungary

知名度

来年のサッカー、ワールドカップの抽選が行われ、日本は一次予選でオランダ、デンマーク、カメルーンと戦うことになりました。
前々回の2002年日韓大会の時は、オランダの隣国、ベルギーと戦っています。

2001年に私がはじめてベルギーへ行くことを決めた時は、まだベルギーの認知度は低かったように思います。
「ベルギーへ行きます」
というと、
「ベルギーってどこにあるの?」
「何語を話しているの?」
「どんな食べ物があるの?」
「何でベルギーへ行くの?」
などと不思議がられたものです。
しかしワールドカップをきっかけにベルギーを紹介するテレビ番組が増えて、ようやく知られるようになってきたようで、今ではベルギーといってもマイナーなイメージはありません。

今回はオランダやデンマークがメジャーになるのでしょうか。


作品は10月訪れたベルギー。ブルージュの運河クルーズです。リコーGR DIGITAL III で撮影し、Silver Efex Proでモノクロ。
知名度_c0030685_23544646.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-05 23:54 | ベルギー Belgium

フランス名物

ルーヴル美術館をはじめ、パリを中心とする美術館や歴史的建造物がストライキに入ったそうです。
職員ほてんについての政府への抗議だとか。
今回、これらを楽しみにフランスを訪れた方は、とても気の毒です。
私は幸い、滞在中ストに遭ったことはありませんが、フランスのストの多さは、名物といえるようです。


作品は10月に訪れたパリ。像の後はルーヴル美術館です。ソニーα900とタムロンSPAF70〜200mmF2.8Diで撮影。Silver Efex Proでモノクロ。
フランス名物_c0030685_20183241.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-04 20:18 | フランス France

初仕事

昨日は、午前中に銀座のキヤノンギャラリーへ。
清水哲朗さんの写真展
「The Creation 未開のモンゴル」
を見ました。またもや最終日・・・。
清水さんといえばモンゴル。
今回はモンゴルの風景。
様々な表情があり、モンゴルの大きさを感じました。

午後からは取材。
初めて依頼仕事でライカM9を使いました。
特にM9で撮る必要性はなかったのですが・・・。
とはいえ高価なカメラですし、使える内容の時は使って、1円でも多く稼いでもらわなくては。
取材自体もスムーズに終えることができて、結果としてM9で良かったようです。


作品は銀座。昨日、取材先に向かう直前に撮影しました。ライカM9とズミクロン35mmF2。Silver Efex Proでモノクロ。
初仕事_c0030685_13131046.jpg

(C) Tomohiro Fujii
by fujiitomohiro | 2009-12-03 13:11 | 日本 Japan
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31