人気ブログランキング |

FujiiTomohiro.com/Diary

fujiitomo.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

横文字と格闘

私が唯一定期購読している雑誌が、
LEICA FOTOGRAPHIE INTERNATIONAL (LFI)
です。
言語はドイツ語と英語があり、ドイツ語が全くわからない私は当然英語版です。

名前の通りライカのマガジンなのですが、内容はライカだけでなく、「35mmレンズ特集」や「コダクローム特集」など幅広く、また掲載される作品も素晴らしいものが多く、日本のカメラ雑誌とは異なる楽しさがあります。
ちなみに最新号(2011年2月)は、ノクチルックスM50mm F1とノクチルックスM50mm F0.95についてや、デジタル写真をモノクロにするソフトの紹介(私も使っているNik SoftowereのSilver Efex Proをはじめ、3種類を比較)など、個人的にとても興味がある話題。
もちろんノクチはとても手が出ませんし、また自分には必要ではありませんが、魅力的なレンズです。

とはいえ、海外に何度も行っているわりに、英語は決して得意ではない私。
昨年のフォトキナでも、ライカブースでライカM9チタンのインタビューをしたときは、ライカカメラジャパンの方に通訳してもらいました。

というわけで、LFIも英語と格闘中。
読む、というより、解読、といった方が近いかも・・・。とほほ。


作品はマレーシア、クアラルンプールの夜。ドリアンを売る男です。ライカM9とズマリット50mm F1.5で撮影。絞りは開放。ズマリットは独特のボケと味わいが出るレンズです。Silver Efex Proでモノクロ。
c0030685_002191.jpg

by fujiitomohiro | 2011-02-22 00:02 | マレーシア Malaysia

好み

大井町のフルハルターさんで万年筆(ペリカン スーベレーン M400)を購入してから3週間が経ちます。
ほぼ毎日、何かしら書いているのですが、だんだん滑らかさが増しているよう。
滑らかさが増すと、書くことがより楽しくなってきます。

このM400を選ぶ際、他の候補だったのが、それより少し大きいM600と、さらに大きいM800でした。
3本を書き比べるときに、店主の森山さんから言われたことが、
「400より600、600より800の方が値段が高いですが、値段が高いのが良い万年筆、というわけではありません。手に取って、バランスや書きやすさで選んでください」
でした。
そしてこう言われました。
「自分が好きなものは、自分にしかわかりませんよね。いくら他人が『これがいい』とすすめても、自分の好みでなければ、それは良いものとはいえません」
たしかに手の大きさや筆記の感覚は十人十色。
定番と呼ばれているものや高級といわれているものが、必ずしも自分にもフィットするとは限りません。
もちろんアドバイスは参考にしますが、最後に決断するのは自分自身。

「食べ物の好みだって、人それぞれですよね」
と森山さん。

なるほど・・・と関心していると、ふとカメラ選びも同じでは、と頭に浮かびました。
万年筆にしてもカメラにしても、自分の体の一部になるものと出会うのが大切なんだと、M400が入ったバッグを肩に、大井町の駅へ歩きながらしみじみ思うのでした。


作品は昨年のドイツ、ケルンで開催された、世界最大の写真・映像機器見本市、フォトキナの会場にて。ライカM9とエルマリートM28mm F2.8 ASPH.で撮影。Silver Efex Proでモノクロ。ドイツは私が愛用しているライカやペリカンの故郷です。
c0030685_2332298.jpg

by fujiitomohiro | 2011-02-17 23:04 | ドイツ Germany

オムライスが重かった

2月9日は、日本最大のカメラ、映像の展示会、CP+の開催初日。
場所はパシフィコ横浜。
私は日本カメラからの依頼で取材しました。

9日といえば、カメラ雑誌は締め切りギリギリ。
20日は日曜日なので、19日の発売に間に合うよう、取材をしたら会場のプレスルームで撮影データを編集者さんに渡して、すぐに原稿書きです。

今回の取材で使用したカメラは、キヤノンEOS 7D。レンズはタムロンSP AF17-50mm F2.8XR Di II VCがメイン。
その場でデータを渡すので、記録はJPEGにセットしました。

午前中は主要メーカーさんを取材し、一段落してから取材チームみんなで昼食。
パシフィコ横浜の中にあるお店でオムライスを食べました。
記念にEOS 7Dでオムライスを撮影。
せっかくなので、この時だけRAW+JPEGにしました。

昼食後は再びJPEGに戻して、取材の続き。
夕方からプレスルームで持参したMac Bookを開き、一気に原稿を書きます。

EOS 7Dからメモリーカードを抜いて、編集者さんのMac Book Proへ。
私は早速原稿に取りかかります。
すると編集者さんの声。
「EOS 7Dのデータって重いですねぇ」

たしかにEOS 7Dは1800万画素あるので、それなりのデータ量。
とはいえ、JPEGですし、パソコンもMac Book Proですし、決して重くはないはずです。
「重いですか?JPEGデータですから、それほどでもないと思いますけど。ちなみに、お昼ご飯のオムライスだけはRAWも混じっていますよ」

すると編集者さん。
「オムライス?あ、それだ!オムライスが重いんですよ!」

問題解決。

食べたオムライスは、意外と味がしつこくなく、胃が重くなることはなかったのですが、撮影データは重かったようです。

原稿終了後、編集部まで戻って最終チェック。
すべてが終わったのは、夜10時過ぎでした。


これがパシフィコ横浜で食べたオムライス。キヤノンEOS 7DとタムロンSP AF17-50mm F2.8XR Di II VCで撮影。
c0030685_18272076.jpg

by fujiitomohiro | 2011-02-15 18:27 | 日常 Daily

米屋浩二 写真展

昨日は、新宿のコニカミノルタプラザへ、
米屋浩二 写真展 「アジアン鉄道で行こう」
を観てきました。

米屋は大学の同期生。
今は鉄道写真家として活躍しています。
学生時代は日本全国を放浪して写真を撮っていました。
そして現在はアジア各国を周りながら、その国の鉄道を撮っています。

作品はすべてモノクロフィルムで撮影され、バライタ印画紙にプリント。
アジアの鉄道と、その土地に暮らす人々の姿が、モノクロフィルムのトーンとよくマッチしています。
米屋らしい、暖かみのある視点が印象的。
とても見応えのある写真展でした。

この写真展は2月10日(木)まで。


作品は2005年のタイ、アユタヤ。遺跡の周りで草刈りをしている人です。私はアユタヤまで、バンコクから鉄道に乗って行きました。オリンパスE-500とズイコーデジタル14-54mm F2.8-3.5で撮影。
c0030685_20272264.jpg

by fujiitomohiro | 2011-02-08 20:27 | タイ Thailand

ミュシャのしおり

故開高健著の「生物としての静物」を、毎日読んでいます。
開高氏の愛用品、こだわりについての文章がとても面白く、自分には縁のないものでも「それ、わかるなぁ」などと、ついうなずきたくなります。

そうして本を読んでいる私が、ちょっとこだわったお気に入りのもの。
それは“しおり”です。
どこまで読んだかわかるように、本の間に挟んでおくもの。
あの“しおり”です。

私が使っているしおりには、チェコを代表する画家、ミュシャの絵があります。
どうやら有名なシャンパンである、モエ・エ・シャンドンの広告のために描かれた作品。
私はこれを、2007年にプラハにあるミュシャ美術館(ムハ美術館)のミュージアムショップで買いました。
そのミュージアムショップがどんな様子だったか、そしてそれが“しおり”として売られていたのか、よく覚えていないのですが、ミュシャらしい雰囲気が気に入ったことと、しおりとして使うのにちょうどいいと思って買ったのを記憶しています。

最初に使ったのは、プラハから帰ってきてすぐに買ったカフカの「変身」。
プラハ滞在中にカフカに関する場所をいくつも見たのに、肝心のカフカの作品を全く知らなかったことに落ち込み、帰国してすぐ書店に走ったのでした。

ここ最近は読書から離れていたので、ミュシャのしおりは久しぶりの登場。
本当はしおりとして使えるものなら何でもいいのですが、あえてこだわることで、読書の楽しさがアップするように感じます。

本を開けると、そこにミュシャの作品が現れ、それを手に取ると本の世界に入っていく。
そして本を閉じる時に、再びミュシャの作品が現れる。
そんな様子も読書と共に楽しんでいます。


ミュシャの作品が描かれたしおり。
c0030685_23331270.jpg


2007年のチェコ、プラハ。ライカM3とズマリット50mm F1.5で撮影。フィルムはコダックT-MAX400。
c0030685_0173083.jpg

by fujiitomohiro | 2011-02-04 23:34 | チェコ  Czech Republic

フェルメールのカメラ

昨日、本を2冊買いました。
ひとつは「フェルメールのカメラ」。

「真珠の耳飾りの少女」や「デルフトの眺望」などの作品で知られる、17世紀のオランダ絵画を代表する画家、ヨハネス・フェルメール。
当時フェルメールは、現代のカメラの前身、カメラ・オブスクラを使っていたといわれています。
カメラ・オブスクラとは、いったいどういったものなのか。
それをフェルメールはどのように使っていたのか。
どのようなアトリエだったのか、などなど、フェルメールの謎に迫る本です。

フェルメールは私が最も好きな画家のひとりであり、カメラ・オブスクラを使っていた話も知っているので、写真家としてはとても興味のある本。
3,200円という価格でずっと悩んでいましたが、思い切って買ってしまいました。

もうひとつは「生物としての静物」。
1989年に他界した作家、開高健氏のエッセーです。
ちなみに「生物」は「いきもの」と読みます。
ライター、懐中時計、ナイフ、万年筆など、開高氏が愛用していたアイテムについて書かれています。
この本は、私が万年筆に興味を持った時から気になっていて、ネット書店で注文したものの、入荷がなくキャンセルになってしまいました。
昨日書店で見つけたので、一緒に購入したのです。

思わぬ出費になりましたが、電車の中や空いた時間に楽しめそうです。


作品は2007年のオランダ。フェルメールの故郷、デルフトです。キヤノンEOS 30DとタムロンAF18-250mm F3.5-6.3 Di II で撮影。Silver Efex Proでモノクロ。
c0030685_12154640.jpg


ホームページのトップ作品を更新しました。2009年のハンガリー、ブダペスト。ライカM9とズミクロン50mm F2で撮影。Silver Efex Proでモノクロ。
by fujiitomohiro | 2011-02-02 12:15 | オランダ Netherlands
line

フォトグラファー。カメラ専門誌の撮影や執筆、企業や店舗の撮影、セミナー講師等をしています。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。NHK文化センター講師。お仕事のご依頼はホームページ http://www.fujiitomohiro.com/に記載のメールアドレス、またはTwitterのDMからお願いいたします。


by fujiitomohiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28